高尾 パチンコk8 カジノ激安商品、政権交代、雑誌の休刊ラッシュ――2009年、日本はこう変わった(Business Media 誠編)仮想通貨カジノパチンコパチスロ ライター ゆずっ き ー

高尾 パチンコk8 カジノ激安商品、政権交代、雑誌の休刊ラッシュ――2009年、日本はこう変わった(Business Media 誠編)仮想通貨カジノパチンコパチスロ ライター ゆずっ き ー

高尾 パチンコk8 カジノ激安商品、政権交代、雑誌の休刊ラッシュ――2009年、日本はこう変わった(Business Media 誠編)仮想通貨カジノパチンコパチスロ ライター ゆずっ き ー

仮想 通貨 fx 手数料 比較k8 カジノ

パチンコ 辛い 台 2009年もいよいよ大詰め。Business Media 誠もそろそろ年末モードになってきました。

 今年は年末企画として、「誠トレンド格付け」を掲載します。Business Media 誠と、姉妹誌「誠 Biz.ID」の編集部がそれぞれ注目したトレンド・話題を格付けして紹介するこの企画。まずは結果をご覧いただきましょう。

“安さ”と“変化”がキーワードだった2009年

誠トレンド格付けBusiness Media 誠誠 Biz.ID大賞激安商品Twitter2位政権交代iPhone 3GS3位エコカー新OSそろい踏み4位給与減・ボーナス減仕事ができる人のノート5位雑誌の休刊ラッシュ弁当男子特別賞PB商品ポメラ特別賞1000円高速コンパクトスキャナ

誠 Biz.ID版の記事はこちら

 世界的な金融危機を受けて始まった2009年、日本でも不景気が長期化しています。そんな中、大きく変わったのが支出に対する消費者の意識。消費のトレンドがいろいろ変わった1年だったと思います。以下、編集部のコメントを交ぜながら振り返りたいと思います。

安くてさらに質のよいモノでないと売れない時代――「激安商品」

 まず1位は「激安商品」。プレミアム商品中心の百貨店の不振は本格化。アパレル業界が地盤沈下する中、一人気を吐くユニクロの話題は誠でも頻繁に取り上げました。しかし、「安くても質の悪いのはダメ。安くてさらに質のよいモノでないと売れない時代。来年あたりは『より安く』も限界かもしれません」(土肥)

 デフレの流れは「衣」だけでなく「食」にも。コンビニ弁当ではワンコイン(500円)どころか、300円前後の激安弁当を見かけることも増え、実際によく売れています。「牛丼もですよ。すき家、松屋、なか卯などが軒並み値下げしています。吉野家の12月28日に期間限定での値下げを発表しましたね」(堀内)

 「サイゼリア」「餃子の王将」「ガスト」など安価なチェーン店は好調ですが、昔ながらの“ファミリーレストラン”は業績不振に苦しんでいます。すかいらーくは社名でもある「すかいらーく」から、より客単価の安い「ガスト」への転換を進め、10月29日には最後のすかいらーくである川口新郷店を「おはしカフェガスト」に転換。39年続いたファミレス「すかいらーく」は幕を下ろしました。

 また、このデフレの中で登場したのが「メガ」「爆盛り」系の食べ物。マクドナルドの「クォーターパウンダー」を筆頭に、ハンバーガーチェーンでは各社「メガXXX」商品を展開しました。Windows 7の発売時にバーガーキングが期間限定で販売したパティ7枚入りの巨大ハンバーガーも、人気を博しました。

総選挙、事業仕分け、鳩山政権――政権交代

 日本漢字検定協会の「2008年の漢字」は「変」でしたが(参照リンク)、2009年もいろいろなものが変わった1年でした。政治の世界ではやはり自民党中心の政権から民主党中心の政権への政権交代がビッグニュースだったのではないでしょうか。

 8月30日に行われた衆議院議員選挙の投票率(小選挙区)は69.28%。1996年に小選挙区比例代表並立制が導入されて以来、衆院選では最高の投票率となりました。結果はご存じの通り、民主党の歴史的大勝利。政治への関心も高まり、誠では“ネットと政治”を考える(前編)/同(後編)や、「『勝ちすぎた』民主党、3つの課題」などの記事がよく読まれました。

 政権交代が起きたことで、いろいろなことが変わり、新しいことが始まりました。テレビ的に一番話題となったのは事業仕分けではないかと思いますが、誠編集部にとって一番大きな影響があったのは「記者クラブ開放」です。

 官公庁や一部企業(元国鉄のJRなど)、政党の記者会見はこれまで、新聞社やテレビ局が加盟する記者クラブのみに公開されていることがほとんどで、フリーランスのジャーナリストやネットメディアなどが参加することはできませんでした。しかし、民主党代表の鳩山氏が官邸などでの会見を記者クラブ以外にもオープンにしていく方針を示していたため、誠編集部にも参加の可能性が出てきたのです。

 誠編集部では9月半ばごろから各官庁に交渉を開始し、会見の取材を試みてきました。11月末、ついに実現したのが「亀井大臣『アイティメディアって何ですか?』――金融庁の“第2”記者会見に行ってきた」。金融庁以外の会見はいまだ参加できていませんが、今後も取材ソースを増やすべく、各官庁との交渉は続けていこうと考えています。

 なお、上杉隆さんと窪田順生さんの対談企画「ここまでしゃべっていいですか」は、記者クラブのことを主なテーマに取り上げた、全9回にわたる連載です。こちらも合わせてお読みください。

給料が減るからデフレになる?――給与減・ボーナス減仮想通貨カジノパチンコaupay プリペイド カード 申し込み

Leave a Reply